はやし会計 茨城県の税理士・社労士 土浦市 つくば市  

林税理士社労士事務所は中小企業の税務会計・労務をトータルで解決するワンストップ事務所です。

TEL.029-886-4388

〒300-0835茨城県土浦市大岩田931-13

税理士

最低賃金と助成金

平成28年10月より最低賃金がまた上がり

ここ茨城県では771円 東京は932円ですから2割以上も違うのです。

それでも最低時給750円はアウトになってしまうので該当時給者がいる場合対処が必要です。

他の助成金の多くが姿を消す中比較的長寿の業務改善助成金は、この中小企業の

事業所内のもっとも低い賃金の引き上げを図るための制度です。

9月5日にガラッと内容が変わっていて 対象者が全国47都道府県の事業所で

最低賃金が1000円未満の中小企業となっています。

現行コースは60円以上引き上げると30人以下だと生産性向上資する設備導入費用の

3/4(助成上限100万)となっていますが

補正予算で引き上げ選択コースというのが新たに作られました。

30円アップで3/4補助上限50万

40円アップで3/4補助 上限70万

90円アップで上限3/4補助 上限150万

120円以上アップで上限3/4 上限200万  となっています。

生産性指標= (営業利益+減価償却+人件費+動産不動産賃料+租税公課)/雇用保険被保険者数

の割合が3年前と比較して6%以上上昇していれば補助率は4/5と高い補助率になるようです。

対象設備も意外と幅が広いのでレジや発注在庫システム、リフト付き特殊車両 ホームページやコンサルティング費用などを考えている方には良いのではないでしょうか

この助成金はあらかじめ労働局に計画を提出する必要があります。 厚生労働省の

助成金なので原則労働保険や雇用保険加入が要件です。

消費税のアップは先延ばしされましたが来年3月までに軽減税率対策補助金なども

現在受付中です(平成28年3月29日~平成29年3月31日までに導入) 申請は29年5月末日までです 軽減税率対応レジなどの導入補助金です(こちらは経産省)

リースや受発注システムなどにも対応しているようです。 こちらは導入後申請なので

事前に計画書などは出す必要がないようですが対象物件かどうかの確認は必要でしょう

チェックリスト追加 法人税 試算表

shisannhyoucheckkakuteishinnkokucheckhoujinnzeicheck

houjinnzeicheck

shisannhyoucheck

確定申告のチェックリストも少しずつ追加していくこととし

試算表のチェックリスト

法人税のチェックリストも作成しました。

年末調整や給与計算などもチェックリストを作成し仕事を細分化 なるべく標準化するのが今年の目標です。

税務調査などがあると辞めた人の処理でとんでもないものを後から気が付いたりして冷や汗が。

それでも人のせいにはできないのが所長 もっと細かくチェックする目を持たないと

人の教育長く働いてもらうための仕事場作りも大事な仕事なのですから

税務判断

年末年始に税務判断に関する書籍を何冊か購入し備忘的に書いてみます。

まず新しい所では平成27年1月1日から絵画1点100万円未満が減価償却資産となったこと

絵画については昔から美術品、骨董品を同じように扱われ1点20万円(号あたり2万円)未満のものは減価償却できると

されていましたが27年1月より100万未満はすべて減価償却できるようになります。

価値の減少するものが明らかなものは100万を超えても可能です。

例えば、会館のロビーや葬祭上のホールのような不特定多数の者が利用する場所の装飾用や展示用(有料で公開するものを除
く。)
として法人又は個人が取得するもののうち、移設することが困難でその用途にのみ使用されることが明らかであり、
かつ、他の用途に転用すると仮定した場合にその設置状況や使用状況から見て美術品等としての市場価値が見込まれないものが含まれます。

これとは別にすべての資産について
減価償却費といえば中古の資産は見積り耐用年数が使えます。

法定耐用年数10年のものを6年経過しているなら  10-6+6*0.2=5年

ただし中古見積り耐用年数が使えない減価償却資産はソフトウエアです。

ツールバーへスキップ