中小企業のニーズのために 税理士社労士ワンストップ電子体制 税理士 社労士

はやし会計 茨城県の税理士・社労士 土浦市 つくば市  

林税理士社労士事務所は中小企業の税務会計・労務をトータルで解決するワンストップ事務所です。

TEL.029-886-4388

〒300-0835茨城県土浦市大岩田931-13

消費税軽減税率

消費税軽減税率

このエントリーをはてなブックマークに追加

この前税理士無料相談で他の税理士さんとお話した時に出たのですが食料品の「軽減税率」という言葉

ちょっと聞くと軽減されていて安くなっているかの錯覚を感じますが今の8%に据え置くというだけの話

他は10% 軽減されている感があまりありません。 欧州のように食料品はもっと低く差をつければいいのに

新聞が据え置きというのがいかにも世論を味方につけたいというのが見え見え

さてこの軽減税率ですが食料品の中で境目が難しいです。

以下〇が軽減税率 ×が10%です

出前や宅配は軽減税率

フードコートは軽減税率× コンビニのイートインは〇 屋台のたこ焼き 焼きそばは〇 椅子のあるおでん屋は×

老人ホームの食事提供 学校給食は〇 ホテルのルームサービス ケータリングは×

新幹線のワゴンサービスは〇 飛行機の機内食は×

マクドやピザ店の店内飲食は× テイクアウト宅配は〇 

部屋に取り付けられたホテルの冷蔵庫の飲み物は〇 自動販売機も〇 土産物の食べ物も〇 ルームサービスやホテル内喫茶店は×

おかしのおまけについてはだいたい〇ですが高い1万円を超えるものは×とか 新聞もスポーツ新聞は× 週二回以上の定期購読は〇

株価など雲行きが怪しくなってきて10%再度見合わせが一番いいなぁ 

« »

ツールバーへスキップ